ケップに到着

ケップに到着!

どーも、なつみです!

リアルタイムはニッポン!
明太子おにぎりを噛み締めております。
帰ってきたけど、ブログはまだまだ続くのです。

【カンボジア】おすすめされると行きたくなる

2017/01/28当時:1USD(アメリカドル)=約115円。

今日の目的地であるケップという町は、とある女性におすすめしてもらって行くことにしました。
その女性というのは、昔からお世話になっている親戚のようなひと。友人がオーナーをしているというすてきな宿があるそうなのです。
たのしみ!

まずはケップへ行かねばなりません。
予約しておいたケップ行きのミニバスに乗り込みます。ほんとはビッグバスがよかったけど、朝発はミニバスしかないとのこと。
けっこうな人数が乗り込もうとしています。嫌な予感…。

ケップへのバス

ケップへのミニバス車内

後部座席うしろにある荷物置き場は一瞬でいっぱいになり、残りの荷物はすきまというすきまにグイグイ収納。
私のバックパックは座席の下にグイーッと押し込まれて、他の客の足元から突き出して、なんとフットレストに変身!
だからミニバンはいやなんだー!

2時間ほど進むとカンポットという町で荷物ともども降ろされ、スタッフさんは「ここで乗り換えだ」と言って去って行きました。
乗り換えるべきバスはまだ来ていないので、周辺を散歩。

この町ではカンボジア最高級の「カンポットペッパー」が作られています。Pepperという文字や絵を掲げたレストランが並び、ここで降りていく観光客もたくさんいました。

カンポットで乗り換え

待ちぼうける人々

30分後…みんながバス停の近くでぼんやりと空を見上げ始めたころ、ようやく乗り換えのバスが到着。
なんとミニバスから中型バスに成長しています。待った甲斐がありました。

そこからはケップまでは1時間くらい。
海が見える広場で降ろされ、近くにレストランがあったので腹ごしらえ。
ケップはクラブマーケットが有名なので、さっそくカニ料理を注文です。

とりあえずカニ

とりあえずカニ

カニと春雨と野菜の炒め物。
「カニがうまい」というほど身は味わえなかったのですが、2ドルほどで小さめのカニ2匹はお安い。

宿にチェックインする前に近くのツアー会社でバス料金の調査がてらスタッフの女性と話していたら、最近やってきた日本人客の話になりました。

「若い男の人だったんだけどね、英語が分からないみたいで何を言っても”?”って顔するのよ。しかも泊まるところもなくて困ってたけど、私も困ったわ〜」
結局ふらふらどこかへ行ってしまったらしいのですが、一体どうなったのか顛末が気になります。
我こそはその人であるという方がいましたら、ぜひ旅話を聞かせてください。

泊まった宿

ケップでは2つの宿に泊まりました。
1つ目はまた泊まりたいすてきな宿、2つ目はもう泊まりたくない宿。対照的です。

Khmer Hands

高床式のバンガロー

高床式のバンガロー

期間:2017/01/28〜01/29(1泊)
料金:1泊1室22ドル(約2530円)
部屋:個室
Booking.comで見る

●よかったところ
 ・全体的におしゃれで居心地がよい
 ・バスルームがシャワーとトイレ別
 ・リラックスできるバルコニー

●よくなかったところ
 ・町の中心からは遠い

ベランダが心地よい

ベランダが心地よい

部屋は広くて清潔

部屋は広くて清潔

開放的でこっちも広いバスルーム

開放的でこっちも広いバスルーム

カンボジア風の高床式バンガローで、眺めと居心地が良い部屋です。Wi-Fiはバルコニーなら良好。タオル有り。
バスルームは清潔感がありつつ開放的で使い勝手よし。カンボジアでは嬉しいシャワー直下じゃないトイレでした。

立地は中心部やビーチから遠いです。でも、ケップの中心って特に何もなかったりする…。
徒歩圏内には有名なクラブマーケットやおしゃれなベーカリーカフェがあります。

パンやケーキや輸入食品のお店

パンやケーキや輸入食品を扱うベーカリーカフェ

オーナーさんはカンボジアでは子供たちの自立のための活動をしています。英語の先生として日本に住んでいたこともあるとのこと。
優しくて面倒見のいいひとで、手作りマップを使って観光ルートを丁寧に教えてもらえました。

受付のある母屋にはレストランが併設されていて、味はおいしく、席からは海が見えて良い景色でした。

パンケーキ! 6枚!!

パンケーキ! 6枚!!

フルーツたっぷりボウル

フルーツたっぷりボウル

ゆっくりくつろぎたい人にはとてもおすすめの宿です。

Rusty Keyhole Kep

ハンモックにつられて泊まった宿

ハンモックにつられて泊まった宿

期間:2017/01/29〜02/01(3泊)
料金:1泊1室9ドル(約1035円)
部屋:個室
Booking.comで見る

●よかったところ
 ・かわいい猫家族がいる
 ・レストランの料理がおいしい
 ・1部屋1ハンモック

●よくなかったところ
 ・部屋が狭くて暗い
 ・バスルームも狭くて汚い
 ・水シャワー
 ・蚊が生まれ続ける便器

バンガロー外観

バンガロー外観

ベッドでパンパンの部屋

ベッドでパンパンの部屋

水シャワーの下には蚊が湧き出す恐怖のトイレ

水シャワーの下には蚊が湧き出す恐怖のトイレ

バンガロータイプだけどKhmer Handsと違い、狭くて暗くてほこりの多い部屋。Wi-Fiはふつう。バルコニー備え付けのハンモックが唯一のいいところ。

この宿で一番ひどいのはバスルームです。
狭くて汚く、排水溝は詰まり放題。お湯は出ない。極めつけはトイレが蚊の産卵地になっているのか、水を流すたびに便器の中から無数の蚊がゥワ〜ッと湧き出す。そんな蚊に刺されたくない…。
おすだけベープをかなり消費しました。

立地は中心部から遠くて周りに何もないので乗り物が必要です。宿で直接バイクレンタルできます。

こちらの宿も母屋に併設レストランがあり、猫一家が住んでいました。料理はどれもおいしかったです。

ビールによく合う豚肉の豪快焼き

ビールによく合う豚肉の豪快焼き

レモンシュガークレープ

くせになる素朴なおいしさのレモンシュガークレープ

看板子猫さん

看板子猫さん

猫付きレストランの存在がなければ3泊は耐えられませんでした。
バスルームに入りたくなくてトイレもシャワーも極力我慢していた日々…。

猫はかわいいけど、おすすめできない宿です。