プノンペン行きバスの車内

プノンペン行きバスの車内

どーも、なつみです!

リアルタイムは相変わらずリマ。
今日は3ヶ月うろついた中南米をいよいよ出て、北米に移動します。
次が最後の国なんだなぁ。

【カンボジア】これがほんとのオンボロバス

2017/01/21当時:1USD(アメリカドル)=約115円

バッタンバンで思う存分食べたので、次の町プノンペンに向かうことにしました。
バス会社の人いわく、料金は1人5ドルで4時間。
シェムリアップからバッタンバンまでの距離と同じくらいのようです。

そして朝、集合場所にやってきたのは、びっくりするほどのオンボロバスでした。
パッと見はふつう…だったんだけど、試したすべての席のリクライニングは壊れて動かず、クーラーもシートベルトも当然のようにナシ。
一番後ろの席に座ろうとすると、なんと座席が裂けていました。

座席には大きな切れ目

座席には切れ目

まだ誰も座ってない状態で、足元は謎の袋とか箱とかでいっぱい。
ていうか足元に壊れた座席の座る部分だけ豪快に捨ててある。

それでもやっぱり一番後ろの席に座ろう。
バスはけっこう空いていたので、5人連結の席を2人で陣取って、せめて広々シートだと思うことにしました。

バスはオンボロなだけあって、かなりのゆっくりペースでトコトコ進みます。
ガタガタ揺れるし暑いけど、座席に横に寝っ転がれたのが幸い。

途中の休憩所

途中の休憩所

休憩所では隣のバスが故障したということで、ドライバーさんが修理を手伝ったりして長めに休憩。

なんだかんだで、4時間と聞いていた道のりを7時間かけてプノンペンに到着しました。

首都の近くも緑豊か

首都の近くも緑豊か

まだまだのどかな景色だな〜と思っていたら、その後すぐ大きな建物やビルが並ぶ町に突入。
わりと街中のバスターミナルに止まり、トゥクトゥクに取り囲まれました。

宿まではちょっと遠かったので、お願いしてみることに。
最初は大勢で6ドルとか5ドルとか言っていたけど、移動距離は2kmちょい。交渉を続けたら、最終的に3ドルで行くという男性が1人残ったのでそれで決着。
1.5〜2ドルくらいになるかと思ってたけど、ターミナルのトゥクトゥクは強気だ。

街中はさすがの渋滞ぶり

街中はさすがの渋滞ぶり

バイク需要が高そうだ

バイク需要が高そうだ

トゥクトゥクに乗っているときにスマホを出すと外から盗られるという話を見たので、かなりビビりながら撮影。
運良く何も盗られず宿にたどり着くことができました。

絶対におすすめしないプノンペンで泊まった宿

Mini Banana

期間:2017/01/21~01/24(3泊)
料金:1泊1室12ドル(約1380円)
部屋:個室、ファンのみ

後日詳細を書きますが、ここは宿内の治安が悪くおすすめしません

部屋は不潔ではないけども必要最低限で、部屋の外からのあらゆる音が筒抜け(他人のトイレの音ですら)。
バー営業がメインみたいなところで、バーと宿の客が少ないトイレを共有し、シャワーはそのトイレにオマケで付いている程度のものです。しかも水しか出ない。

ロケーションとWi-Fiだけよかったです。

まだ笑顔だった頃の2人 – Spherical Image – RICOH THETA

 まだ笑顔だった頃の2人