2016/12/10当時:1MYR(マレーシアリンギット)=約26円

あんまり見すぎるとちょっと気持ち悪い

きれいなクジャクの羽。あんまり見すぎるとちょっと気持ち悪い。

どーも、なつみです!
前の日にクアラルンプールの都会なところを見たので、次は自然あふれるところを見てみようということでバードパークに行きました。

歩いていってみよう

地図によると、バードパークの緑地は最寄のパサールセニ駅とだいたい隣接しています。宿で食パンとジャムの朝食を食べたあと、散歩がてら歩いて向かいました。

パサールセニ駅近くの建物で涼んでいた猫

駅近くの建物で涼んでいた猫

馬注意の看板?

馬注意の看板?

バタフライパークも近くにあるようだ

バタフライパークも近くにあるようだ

バードパークより先にバタフライパークが現れました。せっかくだからと覗いてみると、看板の雰囲気通りのささやかでちょっぴりさびれたところでした。今回はやめとこうか…とスルー。

しかし、行けども行けどもバードパークが見当たりません。謎の駐車場や、謎の建物群はあったのですが、バードパークの看板はなし。
謎の建物群の中にインフォメーションマークを見つけたので、そこで聞くことにしました。

道に迷った末にインフォメーションセンターを発見

道に迷った末にインフォメーションセンターを発見

インフォメーションのお姉さんは丁寧に教えてくれました。こちらの英語力を微妙と見るや、地図まで描いてくれる丁寧ぶり。ありがたや…でも、何のインフォメーションセンターだったのかはいまだに不明です。
一方自信ありげなバードパーク

自信ありげなバードパークの看板

教えてもらった方向に歩いて行くと、さっそくバードパークの看板が! もうすぐだ! とテンションが上がったところでタクシーに声をかけられました。

「どこに行くの? タクシー乗る?」
「バードパークだよ。もうすぐだからタクシーは大丈夫!」
「いや、バードパークは歩きだとまだ遠いよ。無料でいいから乗りなさい」
「いやいや、歩くよ! ……えっ、無料? ほんとに?」
「ほんとほんと! ちょうどそこに行く途中だったから。さあ乗って!」

2人だったら断っていたかもしれないところを、4人ならなんとかなるかと思い切って乗りました。タクシーはあっという間にバードパークの入り口へ。だけど、たしかに歩きだったらあと10〜20分くらいありそうな距離でした。

かたくなに歩こうとするジャパニーズを無料で乗せてくれたタクシーのおじさん

かたくなに歩こうとするジャパニーズを無料で乗せてくれたタクシーのおじさん

タクシーのおじさんは、途中で名刺をくれました。”林先生”と書いてあります。自分のことを先生って…と思ったら、中国語で”林さん”みたいな意味でした。
到着すると、「ここでチケット買って、あっちが入り口だよ。じゃあね!」と爽やかに立ち去ろうとする林さん。これは本当に無料の流れだ。なんていい人だ。というわけで、いっしょに写真を撮ってもらいました。
せめてものお礼に、ここで宣伝しておきます。この顔にピンときたら! 安心してタクシーに乗ってください。

マレーシアのなごみ系バードパーク

シンガポールのバードパークが広い広いと言ってましたが、マレーシアの方も広いです。しかも、敷地の天井を巨大な網でほぼ囲っていて、放し飼い率はシンガポールより高いと思います。

檻の中にいるのはかわいい系が多い

檻の中にいるのはかわいい系が多い

クジャクのおしり

クジャクのおしり

求愛もそこかしこで行われているけど、成功したところはまだ見ていない。

求愛もそこかしこで行われているけど、成功したところはまだ見ていない。

クジャクと記念撮影したいけど近寄りきれないところ

クジャクと記念撮影したいけど近寄りきれないところ

いい感じに撮れた!突かれないかちょっと心配。

いい感じに撮れた!つつかれないかちょっと心配。

園内はクジャクだらけでした。最初はキャッキャしながら写真を撮りまくりましたが、だんだん見慣れてきて、最終的には目に映らなくなるほどクジャクを堪能しました。
ほっこり系バードショーは大人気

ほっこり系バードショーは大人気

このバードパークショーは一番奥のスペースで行われていて、ちょうど歩き疲れた頃に見ることができました。たっぷり楽しんで、あとは帰るだけだと思っていたら、なんとまだ半分くらいしか見ていないことが発覚!
わあ、まだまだあるぞ。嬉しいなぁ……

わあ、まだまだあるぞ。嬉しいなぁ……

想像以上の広さで、疲れた足とペコペコのおなかにヨロヨロしながら残りもきっちり見て出ました。

これってもしかしなくても…

バードパークの後は、さらにKLセントラルまで歩いて昼食を食べ、まだまだ歩いて宿まで帰りました。

その後はそれぞれ自由に過ごしていたのですが、散歩していたそべさんから「食事を恵んでもらえた」と写真付きのメッセージが来ました。薄暗い路地に直接置かれた大きな鍋と、それに集まる男性たち。
これって…もしかしなくてもホームレスの炊き出しでは!?
当てどなく街をさまよっていたそべさんは、ボランティアの方々からホームレス認定されてしまったようです。たしかにマレーシアに家はないもんね…と一同納得。
このとき施してもらった鶏肉ぶっかけごはんは、「正直マレーシア旅で一番うまかったかも」と後に語っていました。