バードサンクチュアリの絶景で一枚。(※バードは一羽も写ってません)

バードサンクチュアリの絶景で一枚。(※バードは一羽も写ってません)

どーも、なつみです!
セブ島から船で20分ほどのところに、のんびりした空気のオランゴ島という小さな島があります。学校の先生曰く、リゾートと鳥の楽園があるとのこと。日帰りで遊びに行ってみました。

オランゴ島へ行くには、まず港に行かなきゃいけません。場所はセブ島とつながっているマクタン島の右端です。名前は”Hilton port”とか”Movenpick port”とか言ったら伝わりました。
セブ市内から遠いということで、タクシーで380ペソ(約900円)。高い…。ちなみにタクシーで港の敷地内に入ると、入場料のようなものを取られます。少しでも安くしたい場合は、港までの一本道に入る前に降ろしてもらった方がいいです。

港にて

港にはツアーの客引きがたくさんいます。タクシーを降りたとたん、取り囲むように集まってきます。
「アイランドホッピング!」「ツアー!」「チープ!」
などなど、にぎやかな声がかかりますが、すり抜けて奥へ。チケットカウンターを探していると、おじさんが話しかけてきました。

「やあ、オランゴ島いくの?」
「そうだよー」
「それじゃあチケットはこっちだよ」
なんとなく気が向いたので返事をすると、カウンターに連れて行ってくれました。警戒していたのですが、チケットは普通にカウンターで買って15ペソ(約36円)。
ちなみに、名前はエルプリスさんというそうです。

なんだかんだ世話になったエルプリスさん

なんだかんだ世話になったエルプリスさん

次に連れて行かれたのは謎のカウンター。
「港の使用料が必要だからここで5ペソ(約12円)払ってね」
なるほど。これも事前に聞いていた料金なのでオッケーです。チケットを買い終わると、なんとなく港の案内をしてくれました。

「あっちはチャーター船で、高いんだ。最近は韓国人客が多いよ」
「へぇ〜」
「俺のところなら、もっと安くできるけどね」
「へぇ〜」
「君も大人数で遊びにくるときは、俺に声かけてよ」
「わかった」
「それで、君たちが乗る船はあっちね」

やっぱり客引きだったけど、営業は一瞬で終わりでした。船着場にはもう船が来ていましたが、まだ誰も乗っていません。エルプリスさんが船のスタッフに何か言ったあと、私たちに船に乗るよう促しました。
「早めに乗ったほうがいいから、もう乗りな」
ただのいいひとでした。助かったなぁ。

チャーター船を横目にローカル船で出発

チャーター船を横目にローカル船で出発

オランゴ島に到着!

オランゴ島の港につきました。今度はトライシクルの客引きが…と思ったら、一台も引きにきませんでした。しょうがないので自分から交渉しに行きます。

「トライシクルを16時までチャーターしたいんだけど」
「500ペソ(約1150円)ね」
「フィリピン人の友達が1日300ペソだったって言ってたよ」
「じゃあ〜、350ペソ(約800円)」
「オッケー」
朝の30分程度のタクシーより、半日貸し切るトライシクルの方が安い。不思議な価格設定だなぁ…。

交渉成立!した時の尻

交渉成立!した時の尻

ドライバーさんには、バードサンクチュアリという施設と、デイユースがお得と噂のタリマリゾートへ連れて行ってくれるようお願いしました。

絶景のバードサンクチュアリ

バードサンクチュアリまでの道

海と木の静かな道

まずはバードサンクチュアリへ。でも、この名前ではピンとこないドライバーさん。それもそのはず…
人が足りないなら技術で埋めればいいじゃない

人が足りないなら技術で埋めればいいじゃない

名前が違ってました。正しくは”ワイルドライフ サンクチュアリ”。でも、先生は鳥がいっぱいのすてきなところだったと言っていたので、あくまでバードサンクチュアリと呼びます。

広大な敷地には案内板などという無粋なものはない

広大な敷地には案内板などという無粋なものはない

入場料の100ペソ(約230円)を払って中に進みます…が、地図とか順路の看板とかはありません。スタッフもいません。なんとなく道に沿って進みます。
バードサンクチュアリの絶景

バードサンクチュアリの絶景

木立が途切れたところで、美しい景色が飛び込んできました。浅く広い水辺に、一本の道がずーっとのびています。ひとっこひとりいません。
かわいいミニマングローブ

かわいいミニマングローブ

水辺には小さな木が生えていたり、小さな魚の群がいました。魚は足元に群れすぎていて、写真を撮るのをためらうくらい気持ち悪かったです。これがワイルドライフ…。
第一鳥類発見

第一鳥類発見

ここでやっと鳥が一羽! しかし、絶景に満足しつつあった私たちにとって、鳥の存在はすでにどうでもよくなっていました。
展望台の下もちょっと歩ける

展望台の下もちょっと歩ける

道の最後には展望台がありました。そして展望台には男性が1人。
「旅行者ですか?」
「いや、スタッフだよ」
スタッフいたんだ…。その直後、彼は展望台を降りて、立ち入り禁止の水辺の彼方へ去って行ってしまいました。スタッフいなくなった…。
展望台の向こうに広がる絶景

展望台の向こうに広がる水辺は立ち入り禁止

鳥はいないけどやっぱり絶景

鳥はいないけどやっぱり絶景

ひとしきり写真を撮って帰り始めると、ようやく他の観光客とすれ違いました。時期外れなのか人気がないのか…。バードサンクチュアリ、鳥はいなかったけどきれいなところでした。

タリマリゾートへ

再びトライシクルに乗って、タリマリゾートへ向かいます。なんだかリゾートなことができるらしく、残りの時間はそこでゆっくりすることにしました。

オランゴ島で生活する人々

オランゴ島で生活する人々

今度は村を通過します。なんとなく、ホテルばかりのリゾート島なのかなと思っていましたが、人々がガッツリ生活してました。
村には観光っ気がなく、素朴なフィリピンの人の生活をのぞくことができます。台所が屋外にあったりしました。
タリマリゾート入り口

タリマリゾート入り口

思っていたよりリゾート感のない入り口で降ろされて、おそるおそる進みます。寝巻きのような姿にビニール袋といういでたちだったことに今気付きました。ちょっとリゾートに申し訳ない。

タリマリゾートのプール。クラゲに刺されて凹んだとおるさんが逃げ込んだ。

リゾートっぽい!

中に入ると、中央にどーんとプールがありました。青いテーブルクロスのレストランに、大きなベッド。これがリゾート…。
レストランのところにスタッフがいたので、デイユースの使用料250ペソ(約580円)を払いました。これでプールとベッドとシャワーが使えます。シュノーケルセットは別料金だったので、やめておきました。

タリマリゾートのデイユースで使えるベッド

想像以上に普通のベッド。しかも大きい。

敷地にはこんなベッドや、濡れたままでもOKなベッドがいくつか置いてありました。野ざらし状態なのできれいとは言えませんでしたが、はしゃぐには十分です。
泳ぐ前にレストランで昼食にしました。フィリピンで食べた洋食の中ではピカイチで、食べ終わってもちょっと余韻に浸ってました。料理についてはこちらで紹介しています

食後の腹ごなしに海へ繰り出しました。といっても、ビーチはありません。ここはコンクリートの階段を降りると海、という造りでした。しかも海がきれいじゃない…というか汚い。なんか茶色い。微妙な気持ちで海に入り、ちょっとだけ泳ごうとしていたときでした。

「痛いっ!」
とおるさんが足を押さえて逃げるように海から出ていきます。
「クラゲに刺されたかも」
ヒザをべっとりとクラゲに刺されてしまったようです。このときはよく分かりませんでしたが、翌日見ると左ヒザから太ももまで、クラゲの型を取ったように赤く腫れてました。

海はやめておいて、プールで遊んだり、イスに座って日光浴したりしていると、海の方から声が聞こえてきました。どうやら地元の子供たちが遊びに来たようです。

「ハロー!」「名前は?」「あの男の人は恋人?」
たぶんですが、習った英語を試したくてしょうがないという感じで、知っている単語を駆使して質問を飛ばしてきます。暇だったのでひとつひとつ答えると、そのたびに歓声が上がってこっちも楽しくなってきました。

英語が分からない小さな子には、大きな子が通訳してあげていました。その小さな子も、現地のセブアノ語で何やらこちらに話しかけています。それをまた大きな子がこちらに通訳してくれました。
「セブアノ語で”石”はこう言うんだって言ってるの」
そうかぁ。石は…ん? なんて言ってたっけ? 私のリスニング力が貧弱すぎてセブアノ語が聞き取れない…。

タリマリゾートで会った子どもたちと

好奇心旺盛すぎる子供たち

ひとしきりおしゃべりして、帰る時間になったのでバイバイしました。ちなみに、とおるさんがクラゲに刺されたことを伝えると、子供たちは紫色のクラゲをわしづかみにして見せてくれました。さすが地元民は違う。

さらばオランゴ島

オランゴ島のドライバーさんと記念撮影

1日お世話になったドライバーさん

タリマリゾートの外でドライバーさんと合流して港に向かい、記念撮影してお別れしました。

チケットカウンターで帰りのチケットを買おうと並んでいると、何やら言いながら近づいてくる人が…。
「セブに帰るんだろ? そっちのカウンターじゃないよ。こっちこっち」
「えっ!? あ、エルプリスさん!」
なんとこっちの港でもエルプリスさんに遭遇。またもやチケット、港使用料、乗船まで案内してもらい、無事にセブ島へ帰ってくることができました。助かったなぁ。

行きはタクシーでけっこうなお金がかかったので、帰りはジプニーで安く済ませる作戦に出ました。たぶんいける、くらいの軽い気持ちでしたが思いのほか大冒険に…日が沈みゆくなか、行き先を連呼し、何台かにフラれ、地元の人に助けられ、3回乗り継いでやっとのことでホテルに帰り着きました。

帰りはジプニーを乗り継ぐ冒険

夜のジプニーは危険なので夕日に焦る

帰りの交通費は2人で70ペソ(約160円)! 行きと比べて5分の1以下になりました。時間は4倍かかりましたが…。

いろいろ考えた結果、タリマリゾートはあんまりおすすめしませんが、オランゴ島はのんびりしたいいところでした。
またオランゴ島に行くとしたら、ビーチがあるリゾートに行きたいです。