プノンペンの絡み合う電線。ペットボトルも刺さる。

プノンペンの絡み合う電線。ペットボトルも刺さる。

どうも、とおるです。

ブログの記事はシンガポール編の途中ですが、カンボジアで盗難の被害にあったので記録と報告です。

盗られたもの

  • MacBook Air 11インチ
  • iPhone 5s (予備として持参)

どちらも僕の持ち物です。

盗られた経緯

カンボジアで幅を利かせるランドリーの看板。これはひどい。

カンボジアで幅を利かせるランドリーの看板。これはひどい。

カンボジアの首都プノンペンのゲストハウスに滞在しています。僕たちが外出中、個室(ダブルルーム)に置いていた荷物を泥棒に漁られたらしく、上記2点が無くなっていました。

このゲストハウスはレストランも兼ねていて、僕らの部屋はそのレストランのトイレの目の前にあります。レストランのトイレなので、僕たちの部屋に誰でも近づくことができます。悪意があれば鍵を開けて侵入することもできたと思います。

僕らの荷物(バックパック)は鍵をかけられるように加工してあります。ドミトリーなんかではしっかり鍵をかけていたのですが、今回は個室ということで気を抜いて荷物の鍵をかけずに外出しました。その脇の甘さが今回の事態を招いたということで、かなり反省しています。なっちゃんはしっかり鍵をかけていたので無事でした(エライ!)。

今後のこと

盗られたMacとiPhoneはこういう店に並ぶんだろうな

盗られたMacとiPhoneはこういう店に並ぶんだろうな

盗難被害については海外旅行保険で賄えそうなので、実はそこまで大きなダメージは受けてないです。それこそひったくりだったり、銃やナイフを突きつけられたりされたら、恐怖心から旅の中断も頭をよぎると思いますが、留守の間に物を盗られるのはある意味覚悟済みというか、ついにきたかという感じ。出発から2ヶ月以上経って気がゆるんでたんだなと自覚して、今後は一段と気を引き締めて旅を続けます。

PCを失いましたが、こうしてiPadでブログも書けるし、大切なデータはクラウドにバックアップしてあるので、そういう意味でもダメージは少ないです。旅の写真が詰まった外付けHDDも無事でしたしね。

しばらくPCなしで頑張ってみて、どうしようもなく不便を感じたら、インドあたりで怪しい安いPCを買ってみるのも悪くないかなと思っています。

まあ、盗難にあいましたが、僕は元気です。

PS. 悔しいからプノンペンのイオンで贅沢をしましたが、しゃぶしゃぶ食べ放題はハズレでちょっとだけテンションが下がりました。僕は元気です。