完全にしゃぶしゃぶ

完全にしゃぶしゃぶ

どーも、なつみです!
フィリピン料理は親しみやすくおいしいものが多いのですが、素敵レストラン前編をご覧のとおり野菜料理が少ないです。先生たちも「ごはんといえば米と肉。野菜は食べない。」と豪語するほど。日本人的には危機を感じるほどなので、今回はまず野菜が補充できるレストランから紹介します。

Red House(台湾火鍋)

台湾火鍋の人気店Red House

台湾火鍋の人気店

コスパよしで野菜が取れるということで人気の台湾火鍋店です。実は火鍋ってどういう料理なのか分かってないのですが、分からないままにしゃぶしゃぶとして楽しみました。
野菜から海鮮、芋まんじゅうのようなフィリピンならではのものもあってバラエティ豊かです。肉は別皿に盛られてきました。

自分で作るタレにみんなの個性が出る

自分で作るタレにみんなの個性が出る

このお店で私が一番気に入ったのは、タレを自分で作るところです。「タレ作りコーナー」に醤油やお酢、ニンニク、ネギ、パクチーなど材料が揃えてあり、自分の好みのタレで鍋を味わうことができます。ちなみに私はピリ辛ポン酢風のタレで挑みました。ごはんが進んでしょうがなかったです。
Red Houseの場所はこちら。

ドラム缶焼肉 粋(焼肉)

タン塩に炙りニンニク。この世の春である。

タン塩に炙りニンニク。この世の春である。

しゃぶしゃぶときたら焼肉。ここは日本人オーナーの経営する、正真正銘のYAKINIKU屋さんです。しかもここには、あの幻のメニューがあるのです。
これは!

これは!

そう、レバ刺しです! 日本では2012年に販売禁止となってしまったレバ刺しが食べられるんです。とろりとした食感にほのかな甘さ。もちろん生臭さはナシ。ただし、食べられるからといって安全なわけではありません。フィリピンでは禁止されていないというだけで、そのへんは自己責任的なアレです。
なんとタン刺しまである

なんとタン刺しまである

タン刺しは初めて食べたのですが、柔らかくて弾力がある独特の食感でおいしかったです。添えてあるカラマンシーを絞って、ポン酢(のようなもの)でいただきます。
ドラム缶焼肉 粋の場所はこちら。

STK ta Bay!(フィリピン料理)

セブで人気のフィリピン料理屋さんSTK ta Bay!

セブで人気のフィリピン料理屋さん

先生たちからも熱烈におすすめされるフィリピン料理のレストランです。
おしゃれ風な店内。芸能人御用達らしい。

おしゃれ風な店内。芸能人御用達らしい。

インテリアは歴史があるのかおしゃれアンティークなのかいっそダサいのか、ギリギリのラインを攻め、均衡を保っています。
定番のホタテ焼き

定番料理のホタテ焼きもきっちりおいしい。今度BBQするときマネしようかしらという気持ちになります。

フィリピンの伝統生魚料理キニラウ

伝統生魚料理キニラウも過不足なくおいしい。

豪快な骨つきポーク

ここで豪快な骨つきポーク! 人が切ってるところを見るだけで興奮します。味付けはヤミツキ系のソース。

みんな大好きガーリックライス

ここのガーリックライスはライスの色が白くない! 他のお店とは違う仕事を感じます。

それぞれの料理がしっかりおいしくて、誰を連れてきても間違いないレストランでした。その分人気店なので、週末のピークは予約が必要かもしれません。
STK ta Bay!の場所はこちら。

lantaw(フィリピン料理)

夜景自慢のセブのレストランlantaw

夜景自慢のレストラン

セブで夜景と言ったらココ! というスポット、「TOPS」のほど近くにあるレストランです。席に座るやいなや夜景が飛び込んできます。…ほんとは座る前から見えてるので、席に案内されてもしばらく座れません。まずは写真を撮りまくりです。
どこから見てもおしゃれレストラン

どこから見てもおしゃれレストラン

南国らしく壁はない大胆な造りです。雨風がダイレクトに入ってきて自然との調和を感じます。ちなみに、この日は途中で豪雨になったため、一部のお客さんが席に座っていられず避難するハメになっていました。ときに自然は牙をむくのです。
フィリピンのローカルフード、シシグ(左)とキニラウ(右)。

シシグ(左)はカラマンシーをかけるとサッパリしておいしく、キニラウ(右)もカラマンシーがよく合います。おそらくフィリピン最強の食材はカラマンシーです。

たまにYakisobaって呼ばれてるフィリピン風焼きそばのパンシット。

たまにYakisobaって呼ばれてるフィリピン風焼きそばのパンシット

安定の味ポークベリー

安定の味ポークベリー

米粉かタロイモか何か変わったもののホットケーキ

米粉かタロイモか何か変わったもののホットケーキ

フィリピンの代表的デザートのハロハロ。アイスとあんみつをパフェにしたような感じ。

フィリピンの代表的デザートのハロハロ。アイスとあんみつをパフェにしたような感じ。

バナナ春巻きのトゥロン。STKのものより好評だったが、ガツンと甘かった。

バナナ春巻きのトゥロン。STKのものより好評でしたが、ガツンと甘かったです。

ここの料理は上品にまとまったものが多くて、ロケーション的にもデート向きです。ただ、アクセスが悪いので、TOPSに行くときのついでに寄るのがちょうどいいと思います。
lantawの場所はこちら。

lantawでは卒業前のさよならパーティーをしてもらったんですが、タクシーがとことん行きたがらないへんぴな山中にあるのでいろいろ大変でした。
行きのタクシーがつかまらず、交渉は難航。レストラン到着時にも一悶着。「こんな山の中じゃ帰りのタクシーはない。呼んでも来ない。だから俺を待たせろ。追加料金払え。」と主張するドライバーさんを思い切って帰しました。
食事後はさらに山の上にある展望台、TOPSへ行くために9人で5台のバイクタクシーをチャーターし、3人乗りでジェットコースターのような山道を上り下りしました。しかも最後の最後に料金でドライバーとモメる…。

ペンライトがなくてもスマホのライト機能で手軽にできるんだなあ

苦労しただけ印象深い夜になった

でも、トラブル続きだったのが逆に面白くて、最後の最後にとても濃い思い出ができて嬉しかったです。
最後に料金をぼったくろうとしたドライバーを世界旅行経験者のたろきちさんが一喝して収めたときは、「私たちもこれから頑張らねば」となんだか気が引き締まりました。幸いまだそんな場面が来ていないけど。

ちなみに、lantawのすてきな夜景、そしてさよならパーティーというシチュエーションの中、約6年間禁酒していた友達のおすぎさんが記念すべきビールを飲みました。せっかくなので、彼のブログを紹介します。
41歳でネガティブに世界一周を始めることにしたおすぎさんの、禁酒と解禁、あと旅する理由が分かっちゃいます。
おすぎプラネット

それでは、今日も元気に観光してきます!